So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポンサードリンク

養成研修の概要

1級から3級までのホームヘルパー養成研修は、いずれもその規定に従って実施されています。
それぞれのカリキュラムに沿って、必要な課程を経て修了する事で、ホームヘルパーとしての能力を身に付けていきます。

ホームヘルパーの養成研修は、例えば国が学校を作ってそこで講習を受けさせる、あるいは単独の企業が講習を行っているというわけではありません。
国に認められた各機関がそれぞれに養成研修を行っており、そこには少なからず差異が生まれています。
基本的に、カリキュラムの内容自体には差はありませんが、それ以外の面では機関ごとに多かれ少なかれ違いが出ており、それぞれにメリット、デメリットがあるのです。

ホームヘルパーの養成研修を行っている機関は、大きく二つに分けられます。
1つは公的機関、もう1つは民間機関です。
公的機関は行政機関とも言われており、主に自治体、福祉公社、社会福祉協議会といった団体にあたります。
一方、民間機関というのは、ホームヘルパーの人材派遣を行っている会社などになります。

養成研修を受ける場合、2級ならば130時間、1級ならば230時間の時間拘束があります。
通う日数が相当なものになる為、あまり家から遠く離れている場所で研修を受けると、受講料以外にも費用が相当かかってしまいます。
講習の開催場所に行く際、公的な交通機関を利用したり、車に乗っていく事になれば、交通費やガソリン代がかさみます。
そういった面も考えて、どの機関で研修を受けるかという事を決める必要があるでしょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。