So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポンサードリンク

民間主催の養成研修

民間主催のホームヘルパー養成研修が行われる機関は、主に介護サービス事業者、あるいは専門学校などになります。
公的機関と違い、基本的に通信教育のシステムを採用している点が特徴です。
そしてこれが、民間機関ならではの大きなメリットと言えます。

通信教育であれば、家で研修を受ける事ができます。
その為、仕事を持っていて平日は時間が作れない人でも、しっかりと研修を受ける事が可能です。
実技は当然ながら通信研修ではできませんが、これも配慮がなされており、土日に行われる事がほとんどです。
スケジュール的にも余裕があり、仕事を持ちながらホームヘルパーの研修を受けたいという人には向いているでしょう。

また、民間の養成研修の場合、修了後に必ずここで働くという制約があるケースはほとんどありません。
よって、講習を修了すれば自分で好きな就職場所を選ぶ事ができます。
これも大きなメリットといえます。

その一方で、公的機関主催の養成研修よりも受講費用がかかります。
受講料が無料に近い公的機関と違い、民間機関の場合は受講料とテキスト代の両方が必要になります。
費用はまちまちですが、トータルで10万円以上かかるところが多いようです。
公的機関では受けられない補講も民間機関では受けられますが、別途料金が必要になる事があるようですので、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

お金がかかるというデメリットはありますが、それ以外のメリットが多いのが民間機関での研修です。
現在の環境を踏まえた上で、どの機関でホームヘルパーの研修を受けるかを決めると良いでしょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。