So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポンサードリンク

登録型のホームヘルパー

近年増えてきている勤務形態は、登録型のホームヘルパーです。
わかりやすく言えば、ホームヘルパーの派遣です。
介護サービスを提供する事業所にホームヘルパーとして登録しておくと、仕事先が決まった時に事業所から連絡が入り、仕事をするというシステムです。
派遣なので、仕事先が決まるかどうかは登録する事業所次第です。

登録型ホームヘルパーは、待遇は決して良いとはいえません。
これに関しては、近年の派遣に対しての社会の扱いと同じです。
あまり良い扱いを受けない程度ならいいですが、露骨に下に見られることもあるようです。

ただし、良い事業所を見つけ、その点さえクリアできれば、登録型ホームヘルパーは決して働きにくい就業環境ではありません。
ホームヘルパーの場合、会社で多くの人と一緒に働くという事はなく、基本的には個人宅を訪問してそこで介護を行うので、人間関係で悩むという事はほとんどありません。
その為、現在主婦層を中心に人気となっている業務形態でもあります。
登録先となる事業所は民間が主ですが、中には自治体や社会福祉協議会が行っているケースもありますし、家政婦紹介所がホームヘルパーの登録を行っているケースもあります。

勤務時間は非常勤ホームヘルパーとほとんど同じで、大体週に3~4日、1日3~4時間のお仕事となります。
時給は、介護者の状態や自身のキャリアによって大きく変わり、時給900円くらいという事もあれば、1,500円以上というケースもあります。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。