So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポンサードリンク

ホームヘルパーの雇用過程

ホームヘルパーとしてどこかの施設や機関に雇用される為には、単に研修課程を修了していたり、資格を持っていたりすれば大丈夫というわけではありません。
自分の希望する機関へ申請を行い、試験を受けて合格する事が必要となります。
ホームヘルパーにも、試験というものがあるのです。

ホームヘルパーの試験には、筆記試験と面接があります。
通常の就職試験と同じなので、緊張感を持って挑む必要があるのです。
自分が就職を希望する機関に履歴書を持って行き、そこで試験に臨む。
これは他の職業でもある、ごくありふれた光景ではありますが、そこにはやはりホームヘルパーならではの要素も存在しています。

筆記試験は、基本的にはホームヘルパーの研修課程において学んだ福祉の基礎知識などが出題されます。
また、一般常識を問われる問題も出てきます。
ホームヘルパーは、人と接する仕事です。
当然、一般常識がなければ勤まりません。
とはいえ、これに関しては難しく考える必要はないでしょう。
普通に答えれば、問題なくパスできるはずです。
筆記試験が苦手という人は、事前に過去問等を利用して何度も練習しておきましょう。

面接に関しては、ホームヘルパーになりたい動機、働く上での自分の信念や心構え、考え方などといったことをしっかりと整理してから臨む必要があります。
介護をする相手に不安を与える要素のある人物でないかを見極める為、話す内容以外にも礼儀作法や態度、話し方、表情等も見られます。
社会人としての常識的なマナーをわきまえていればそう難しい事ではありませんが、こちらも念入りに練習しておくと良いでしょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。